シミってどうしてできるの?紫外線だけではなかったその原因とは!

シミの種類とシミができてしまう仕組みについてしみにも種類があり、全てが同じようにできるわけではありません。老人性色素斑と呼ばれるしみは、紫外線を浴びすぎることで発生し、頬などにできやすくなります。肝斑と呼ばれるシミは、ホルモンバランスの影響でできやすく、主に30代から40代の女性の目の周りに左右対称に現れるのが特徴です。 どうしてしみが出来てしまうかと言うと、紫外線を浴びるとお肌の中にあるメラノサ…

続きを読む

シミってどうしてできるの?紫外線だけではなかったその原因とは!

シミの種類とシミができてしまう仕組みについて

しみにも種類があり、全てが同じようにできるわけではありません。老人性色素斑と呼ばれるしみは、紫外線を浴びすぎることで発生し、頬などにできやすくなります。肝斑と呼ばれるシミは、ホルモンバランスの影響でできやすく、主に30代から40代の女性の目の周りに左右対称に現れるのが特徴です。

どうしてしみが出来てしまうかと言うと、紫外線を浴びるとお肌の中にあるメラノサイトが刺激され、メラニンと言う黒い色素を発生させてしまうからです。このメラニン色素はお肌のターンオーバーが正常に働いていると自然となくなりますが、メラニンが増えすぎてしまったお肌やターンオーバーが乱れたお肌は上手くメラニン色素を排出することができずにシミとしてお肌の表面に残ってしまうのです。

紫外線だけではありません!シミを悪化させる要因

実は、シミを発生させるのは紫外線だけが原因ではないんです。まず初めに、ストレスが溜まることで神経系が刺激され同時にメラノサイトも活性化させてしまうんです。

次に、妊娠出産を経るとシミが目立つようになるのは、ホルモンバランスの乱れから来ているといわれています。

そして、加齢によってターンオーバーの期間も長くなり、メラニン色素がお肌に留まりやすくなります。

その他、食生活の乱れやたばこなどもシミを悪化させる原因になりますし、洗顔時にごしごし洗ったり強いマッサージをすることもシミの原因になります。

シミを予防するためには

シミを予防するために大切なのは、やはりビタミンCを摂取することです。できてしまったシミはもちろんのこと、シミのできにくいお肌作りには欠かせません。その他、ホルモンバランスを整えたり、お肌を強くしてくれるビタミンEも大切です。

品川美容外科の2chについて詳しく