正しい洗顔は肌を良い状態に保つための基本です

洗顔料はしっかり泡立ててから使用する毎日の身だしなみとして洗顔をしますが、その時に使用する洗顔料には正しい使い方があります。直接肌に付ける事はせず、しっかりと泡を立てることが大切です。手の平で泡を作る事もできますが、泡立たせるための洗顔専用ネットなどを利用すると簡単に泡を作ることができますよ。泡はきめが細かいほど洗顔にはおすすめです。顔の箇所毎に合わせた洗い方がポイント顔の洗顔は場所ごとに洗い分け…

続きを読む

正しい洗顔は肌を良い状態に保つための基本です

洗顔料はしっかり泡立ててから使用する

毎日の身だしなみとして洗顔をしますが、その時に使用する洗顔料には正しい使い方があります。直接肌に付ける事はせず、しっかりと泡を立てることが大切です。手の平で泡を作る事もできますが、泡立たせるための洗顔専用ネットなどを利用すると簡単に泡を作ることができますよ。泡はきめが細かいほど洗顔にはおすすめです。

顔の箇所毎に合わせた洗い方がポイント

顔の洗顔は場所ごとに洗い分けることも必要となります。最初にTゾーンや頬に泡をのせて、手の平と頬の間に泡を包み込むようにして洗います。泡のクッションで毛穴の奥まで汚れを洗い流すように、優しく洗うことが大切ですね。目の周りは口元より敏感な場所になるので、基本的には泡を乗せる程度で十分です。逆に洗い過ぎてしまうと乾燥してしまうので、洗い方に注意しながら行うとよいですよ。

しっかりと泡を洗い流そう

洗顔後は泡を洗い流しますが、ぬるま湯を使用するのがおすすめです。泡切れがよいだけでなく、肌もしっかり保護しながら洗い流せます。ただし泡がなくなったからと、数回ですすぎを辞めてしまうのは注意です。肌にはまだ見えない洗顔フォームが残っているので、しっかりと洗い流すことが重要となります。ぬるま湯を使用しながら20回はしっかり洗い流すようにしましょう。

洗顔後の肌ケアは必ず行うことが重要

洗顔後はタオルで水分をしっかりふき取りますが、その後はしっかり肌のケアを行いましょう。化粧水や乳液に保湿液と、肌へのケアをするようにします。洗顔後の肌は汚れが落ちて綺麗になっていますが、同時に角質なども洗い流されているので敏感な状態です。そのままにしておくと乾燥してしまい、逆に肌が荒れる原因となります。そのため洗顔後のケアは重要ですね。

品川美容外科の訴訟について詳しく